ネット副業初心者でも迷わない。シンプルで確実な稼ぎ方

ネット副業に必要なモノ4つ

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

ネット副業に必要なのはインターネット回線とパソコンだけではありません。以下に必ず準備しておくべき項目を挙げるので、もれなく確認しましょう。

 

大量のメールに備え「ネット副業用のメールアドレス」を作る
いろんなサイトに会員登録すると、とたんにメールの量が増えます。さらに会員登録したポイントサイトから商品やサービスを購入すると、サービスレターと称したメールがどんどん来ます。なので、普段使っているメールアドレスとは別に、ネット副業専用のメールアドレスを新規に作りましょう。これらのフリーメールの利用でOKです。
Gmail
Yahoo!メール
aolメール など。
Gmailのアカウントをすでに持っている場合でも、ログインしてアカウントを追加してアドレスを増やすことが出来ます。
メールアドレスを増やしたら、通常使っているメールソフトで送受信出来るように、メールソフトにアカウントを追加設定しておくと便利です。
MozillaのThunderbirdなら、必要項目を打ち込めば自動セットアップでアカウント追加ができます。

 

サイトに会員登録するためのIDとパスワードを用意する
ほとんどのポイントサイト、アンケートサイトは、ログインIDにメールアドレスを使います。ただ、毎回同じメールアドレスを使うのはセキュリティ的に好ましくありません。それに備える意味でも、3つ程度のフリーアドレスを作る必要があったわけです。
それと同じくパスワードもいくつか準備しておき、メールアドレス+パスワードの組み合わせを何パターンか用意して定期的に入れ替えて使います。
決めたパスワードはExcelやメモ帳に記録して保存しておきます。

 

サイトによっては、メールアドレスとパスワードの他に「ニックネーム」が必要な場合があります。それもこの時に決めて、併せてExcelやメモ帳に記録して保存しておきます。

家族全員を会員登録させて“馬力を上げて稼ぐ方法”を紹介するサイトもありますが、頭数を増やすために家族のプロフィールを利用するだけなので、結局実行部隊は自分一人です。
家族の個人情報をあちこちへ流すことをためらわず、なお且つ家族人数分の膨大な量のメールに対応したり、IDやパスワードの管理ができるならそれも良いでしょう。わたしは自分が責任を負える範囲でしかやりませんが

 

受信メールの振り分け設定をする
メールアドレスを増やしてメールソフトのアカウントを追加したら、このようにフォルダを作ってメールを振り分ける準備をします。

 

振り分けの設定は、メールソフトのフィルタリング機能を使います。
参考までに、これはMozillaのThunderbirdでのフィルタ設定です。

 

手数料がお得な「ネット専業銀行の口座」を作る
溜まったポイントを現金化するときに必要なのが「銀行口座」です。
かつては、「ネットで副業するならネット専業の銀行口座を作らないと!」というのがお約束でした。でも最近は、すでに自分が持っている銀行の口座への振り込みにも対応してくれるようになってきています。しかし、ネット銀行口座を持つ利点はズバリ「手数料」です。
下の表に代表的な3つのネット銀行についてまとめてみたので、口座未開設の方は参考にしてください。

 

もし新規に口座を開設する場合は、必ずモッピーげん玉ハピタスなどのポイントサイトを見て、対象銀行の口座開設のサービスがあるかを確認し、あればそこから申し込みましょう!

 

各ポイントサイトの検索窓に銀行名を入れて検索するとこういった結果が出ます。
楽天銀行口座申し込み

 

この場合、ここから申し込めばそのポイントサイトで1000P稼げます。
もちろん、ポイントをもらうためにはそのポイントサイトへの会員登録が必要です。 

銀行名

主なメリット

楽天銀行 同行間振込無料。他行宛の振込手数料に楽天ポイントが使える。詳しくはこちら
住信SBIネット銀行 ATM手数料は原則無料。月3回まで振込手数料無料。詳しくはこちら
ジャパンネット銀行 毎月入出金の各1回ATM手数料無料。詳しくはこちら

 

ここまで準備出来たら、次のステップにどんどん進みましょう。
そこが稼ぐためのスタート地点です。
ポイントサイトで稼ぐ
アンケートモニターで稼ぐ
海外系アンケートサイトで稼ぐ
クラウドソーシングで稼ぐ
アフィリエイトで稼ぐ